マツダの安全装備

マツダの安全装備

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

ここでは、マツダの安全装備についてまとめています。

安全性能に力を入れているマツダには多くの安全装備があり、誰でも安心して運転できるクルマづくりが行われています。

360°ビュー・モニター

360°ビュー・モニターは、クルマの死角を補う装備です。

駐車時やバックでの出庫、T字路への侵入など、クルマの死角があることでひやりとする場面を減らすことが、この安全装備の目的になっています。

狭い日でのすれ違いでも使うことができ、総合的に安全運転を支援する装備です。

画質にもこだわっており、遠近感覚のつかみやすい画質が実現されています。

360°ビュー・モニターの詳細記事

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)は、夜間の視界を確保する、予防安全装備です。

先行車、対向車がいない時には自動でハイビームになり、先行車、対向車を検知すると自動でロービームに切り替わります。

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)の詳細記事

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)は、車線逸脱時に逸脱しないようにステアリングにアシストが入るシステムです。

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)の詳細記事

車線逸脱警報システム(LDWS)

車線逸脱警報システム(LDWS)は、車線逸脱を認識すると警報音がなり、車線復帰を促すシステムです。

右側がはみ出した時には右スピーカーから、左側がはみ出した時には左スピーカーから警報音が鳴るため、直感的にも認識しやすいシステムとなっています。

車線逸脱警報システム(LDWS)の詳細記事

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)は、65km/h以上で走行中のクルマの動きを学習し、記憶します。

その後、学習した以外の動きがあると、ドライバーが疲れていると認識し、休憩を促すシステムです。

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)の詳細記事

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)は、駐車時に役立つ装備です。

マツダの安全装備である360°ビュー・モニターに加え、フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)を生かしたものです。

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)の詳細記事

アドバンスド・スマート・ブレーキ・サポート(アドバンスドSCBS)

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)は、従来のスマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)に対して、夜間の認識性能を向上させたシステムです。

アドバンスド・スマート・ブレーキ・サポート(アドバンスドSCBS)の詳細記事

AT誤発進抑制制御[後退時]

AT誤発進抑制制御[後退時]は、後退時のペダルの踏み間違いによる事故を減らしてくれる安全装備です。

AT誤発進抑制制御[後退時]の詳細記事

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]は、高速道路での走行時に、車速や前のクルマとの車間距離を自動で制御してくれる装備です。

この自動運転により、運転負荷の軽減が行われます。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]の詳細記事

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)は、後退時に超音波センサーで後方を監視し、障害物を検知すると自動ブレーキが作動します。

車速が2~8km/hで作動します。

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)の詳細記事

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)

カメラに加え、遠くまで検知できるミリ波レーダーで前方を監視します。

衝突の危険性がる場合には、警報音と同時に自動ブレーキが作動し、被害軽減を行います。

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)の詳細記事

AT誤発進抑制制御[前進時]

AT誤発進抑制制御[前進時]は、10km/h以下で作動します。

カメラやレーダーで前方の障害物を認識し、ペダルの踏み間違いがあると、エンジン出力を抑制します。

カメラはフロントガラスの上部に、レーダーはフロントバンパー内に設置されています。

AT誤発進抑制制御[前進時]の詳細記事

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)は、隣の車線の側方および後方から接近する車両を検知して、ドアミラー内のインジケ-ターで知らせる装置です。

インジケ-ターが点灯状態で車線変更を行おうとするとアラ-ムが鳴り、車線変更の中止を促します。

走行中、車両の左後ろの死角にクルマがすっぽりと入っていることも珍しくなく、そんな時に車線変更をして接触してしまうような事故を防ぐことができます。

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)の詳細記事

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)は、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)を後退時に動作させるものです。

後退時に車両後方のセンサーが異物をセンシングし、車両を検知するとドライバーに警告し、安全な後退を支援するシステムです。

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)の詳細記事

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)は、コーナリング時にヘッドライトを進行方向に向けるシステムです。

夜間の進行方向の視界確保に役立つマツダの安全装備です。

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)の詳細記事

交通標識認識システム(TSR)

交通標識認識システム(TSR)は、フロントに取り付けられたカメラで前方を監視し、交通標識を認識すると解析して、その情報を抽出します。

そのデーターをメーター内に表示することで、安全運転を支援するシステムになっています。

例えば、制限速度の標識を認識すれば、制限速度の情報をメーター内に表示して制限速度超過を抑制します。

交通標識認識システム(TSR)の詳細記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする