リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)について(マツダの安全装備)

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)について(マツダの安全装備)

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダの安全装備である、リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)について紹介します!

スポンサーリンク

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)とは?

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)は、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)を後退時に動作させるものです。

後退時に車両後方のセンサーが異物をセンシングし、車両を検知するとドライバーに警告し、安全な後退を支援するシステムです。

特に、コンビニなどで前進駐車をし、左右に他の車が駐車していた場合、車両後方の視界が特に悪くなります。

その時に、リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)は、安全なバックを支援してくれる心強い存在になります。

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)の動作

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)については、マツダの公式動画による説明がありましたので紹介します。

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)のまとめ

ここまで、マツダの安全装備であるリア・クロス・アラート(RCTA)についてまとめてきました。

安全アバックを支援してくれる、マツダの安全装備です。

コンビニなどで前向き駐車した場合、両横に背の高いクルマが駐車していたら、視界が妨げられます。

こんなバックで出庫するときにも、リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)は役立ちますね。

以上が、リア・クロス・トラフィック・アラート(RACT)のまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする