レーンキープ・アシスト・システム(LAS)について(マツダの安全装備)

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)について(マツダの安全装備)

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダの安全装備である、レーンキープ・アシスト・システム(LAS)について紹介します!

スポンサーリンク

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)とは?

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)は、クルマの車線逸脱を認識したときに警報音とともに、ステアリング操作に介入が入るシステムです。

警報音は、右が車線逸脱するときには右のスピーカーから、左が車線逸脱するときには左のスピーカーから警報音を鳴らすことで、直感的にわかりやすいシステムとなっています。

また、ステアリングの介入についても、車線の真ん中を維持するライントレース(早い)モードと、逸脱回避支援(遅い)モードが選択できます。

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)の動作

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)の動作については、マツダが公式動画で説明しているので紹介します。

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)のまとめ

ここまで、マツダの安全装備であるレーンキープ・アシスト・システム(LAS)について紹介してきました。

車線逸脱時にアシストが介入することで、安全運転を支援します。

あくまでアシストシステムであり、手放し運転のような自動運転を行うシステムではないことには注意してください。

以上が、レーンキープ・アシスト・システム(LAS)のまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする