アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)について(マツダの安全装備)

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)について(マツダの安全装備)

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダの安全装置である、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)についてまとめます。

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)は、i-ACTIVESENSEの中の一つです。

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)は、コーナリング時に進行方向に向かって光を照射するシステムで、夜間の視界確保に役立ちます。

スポンサーリンク

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)とは?

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)は、コーナリング時にヘッドライトを進行方向に向けるシステムです。

次の図が変わりやすいです。

まずは、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)非搭載車の意場合の照射範囲は次のようになります。

次に、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)搭載車の場合の照射範囲は次のようになります。

見て分かるように、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)非搭載車の場合は、進行方向とは関係ない真正面を最も明るく照らします。

しかし、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)搭載車の場合は、進行方向を最も明るく照らし、次いでコーナの出口の方向までも照らすことができます。

コーナの先の情報をいち早く知ることができる、安全運転支援システムとなります。

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)の動作

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)の動作については、マツダが公式動画で説明しているので紹介します。

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)の役立つポイント

とにかくコーナで視界が良いのがメリットです。

夜間、ワインディングを走っていると、もしかしたらカーブの先に鹿がいるかもしれません(実際に経験があります)。

クルマの停止距離は、ブレーキが効くまでの空走距離+ブレーキでクルマを止める距離である制動距離で決定されます。

しかがって、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)は、ドライバーがカーブの先の危険をいち早く察知し、ブレーキ操作を早める、すなわち、空走距離を短くするシステムであると考えることができます。

見えていれば回避可能な事故は防ぐことができるし、回避不能な場合でも確実に衝突被害軽減になります。

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)のまとめ

ここまで、マツダの安全装備である、アダプティブ・LED・ヘッドライトについてまとめてきました。

夜間の視界を確保する、マツダの安全装備です。

以上が、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)のまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする