AT誤発進抑制制御[前進時](マツダの安全装備)

AT誤発進抑制制御[前進時](マツダの安全装備)

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダの安全装備である、AT誤発進制御[前進時]について紹介します。

スポンサーリンク

AT誤発進制御[前進時]とは?

10km/h以下で作動します。

カメラやレーダーで前方の障害物を認識し、ペダルの踏み間違いがあると、エンジン出力を抑制します。

カメラはフロントガラスの上部に、レーダーはフロントバンパー内に設置されています。

AT誤発進制御[前進時]の動作

AT誤発進制御[前進時]の動作は、マツダの公式動画でご確認ください!

AT誤発進制御[前進時]のまとめ

ここまで、AT誤発進制御[前進時]についてまとめてきました。

ペダルの踏み間違いによる事故を減らしてくれる、マツダの安全装備です。

以上が、AT誤発進制御[前進時]のまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする