AT誤発進抑制制御[後退時]について(マツダの安全装備)

AT誤発進抑制制御[後退時]について(マツダの安全装備)

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダの安全装備である、AT誤発進抑制制御[後退時]について紹介します、

後退時のペダルの踏み間違いによる事故を減らしてくれる安全装備になっています。

スポンサーリンク

AT誤発進抑制制御[後退時]とは?

10km/h以下ので徐行での後退時に、障害物があるにもかかわらずアクセルペダルが踏み込まれた場合に、ベダルの不見間違いと判断して作動します。

警報音と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

AT誤発進抑制制御[後退時]の動作

AT誤発進抑制制御[後退時]の動作については、マツダが公式動画で紹介していました。

動画では、スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)とセットで紹介されています。

AT誤発進抑制制御[後退時]のまとめ

ここまで、AT誤発進抑制制御[後退時]について紹介していきました。

後退時における、ペダルの踏み間違いによる事故を減らしてくれる安全装備です。

以上が、AT誤発進抑制制御[後退時]のまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする