ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)について(マツダの安全装備)

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)について(マツダの安全装備)

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダの安全装備であるハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)について紹介します。

夜間の視界を確保する、予防安全装備です。

スポンサーリンク

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)とは?

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)は、夜間の視界を確保するシステムです。

対向車がいない状態では自動的にハイビームになり、視界を確保。

対向車を検知すれば、自動的にロービームに切り替わります。

また、明るい道や街中、さらには20km/h以下での走行でもロービームになります。

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)の動作

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)の動作については、マツダが公式動画で説明しているので紹介します。

夜間に自転車や歩行者の発見が早くなり、より安全なドライブが愉しめます。

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)のまとめ

夜間の視界確保に役立つハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)は、重要な安全装備の一つです。

今のクルマにはさまざまな安全装備がありますが、基本的には人が運転するものです。

ドライバーによる安全運転が行われてこそクルマは安全になるので、こうした視界確保をする基本的な安全装備の重要性は、ますます高まっています。

以上が、マツダのハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)のまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする