360°ビュー・モニターについて(マツダの安全装備)

360°ビュー・モニターについて(マツダの安全装備)

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダの安全装備である360°ビュー・モニターについてです。

スポンサーリンク

360°ビュー・モニターとは?

360°ビュー・モニターは、車両の4隅に取り付けられたカメラで、車両の周りを撮影し、360°の画像としてナビ画面上に表示するものです。

これにより、車庫入れの時などに死角がなくなり、より安全になります。

また、T字路への進入など、死角が多い場面でも役立ちます。

360°ビュー・モニターの動作

360°ビュー・モニターの動作は、マツダが公式の動画を発表しているので紹介します。

どれも運転しているときに感じる不安な場面を安心感に変えてくれる機能になっています。

まずは後退時の動作です。

次にT字路への進入時の動作です。

次に、狭い道でのすれ違いです。

最後に、バックでの出庫です。

360°ビュー・モニターのこだわり

マツダは、人間中心のクルマづくりを目指しています。

そこで、360°ビュー・モニターにおいても、ひずみが少なく、距離感を認識しやすい画像を実現しています。

360°ビュー・モニターのまとめ

最後にまとめです。

クルマには必ず死角がありますが、その死角を補ってくれるのが、360°ビュー・モニターです。

この機能があれば、狭い道でも安心なので、運転になれていない人でも安心して運転することができる装備です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする