PE-VPR型2.0Lエンジンについて(マツダのガソリンエンジン:スカイアクティブG 2.0)

PE-VPR型2.0Lエンジンについて(マツダのガソリンエンジン:スカイアクティブG 2.0)

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダのエンジンである、PE-VPR型エンジンについて紹介します。

PE-VPR型エンジンは、スカイアクティブG 2.0で、2.0Lガソリンエンジンモデルになります。

スポンサーリンク

PE-VPR型エンジンの主要スペック

PE-VPR型エンジン(スカイアクティブG 2.0)

直列エンジン4気筒2.0L

最高出力:144kW(155PS)/6000rpm

最大トルク:196Nm(20.0kgf・m)/4000rpm

2.0Lエンジンとしては平均的なエンジンスペックとなっています。

アテンザ、CX-5などに搭載されるエンジンで、上位エンジンとしてスカイアクティブG 2.5のPY-VPR型エンジンがあります。

より走りに余裕を求めるなら、2.5Lモデルがいいでしょう。

PY-VPR型エンジン(スカイアクティブG 2.5)の詳細記事

PE-VPR型エンジンの搭載車種

次に、PE-VPR型エンジンの搭載車種について見ていきます。

アテンザ

マツダのフラッグシップモデルです。

2.0Lエンジンでも必要十分な動力性能があるので、快適なドライブが楽しめます。

ただし、運転する楽しさを追求するのであれば、ディーゼルエンジンモデル、あるいはガソリン2.5Lエンジンモデルを選択するほうがいいでしょう。

→アテンザの詳細記事

CX-5

マツダの都市型SUVです。

ボディサイズ的にはスバル フォレスターやトヨタ ハリアーのサイズです。

ボディサイズから見れば、2.0Lエンジンでも十分な動力性能を誇っていますが、やはり、CX-5の魅力は何と言ってもディーゼルエンジンのスカイアクティブDです。

燃料も軽油になるので、経済的にも優しく、非常に人気のあるモデルです。

→CX-5の詳細記事

PE-VPR型エンジンのまとめ

ここまで、PE-VPR型エンジンについてまとめてきました、

日常用途にいて必要十分な動力性能があり、十分快適なドライブが楽しめるでしょう。

以上が、PE-VPR型エンジンのまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする