マツダ P5-VPS型エンジン(マツダの直列エンジン4気筒1.5Lエンジン:スカイアクティブG 1.5)について

マツダ P5-VPS型エンジン(マツダの直列エンジン4気筒1.5Lエンジン:スカイアクティブG 1.5)について

スカイアクティブに魅せられて~car-friend.org~へようこそ。

このサイトでは、マツダの魅力、マツダの技術、マツダのクルマ、歴代モデルなど、マツダのすべてをまとめ上げたサイトです。

スカイアクティブテクノロジーやロータリーエンジン、デザイン面では魂動デザインなど、魅力の多いマツダのクルマ。

このサイトでは、現行モデルから過去モデルからまで、マツダのすべてがわかるサイトを目指しています。

今回は、マツダの直列エンジン4気筒1.5Lエンジンである、P5-VPS型エンジンについて紹介します!

スポンサーリンク

マツダ P5-VPS型エンジンの主要スペック

デミオ15MB用 ハイオク仕様

直列エンジン4気筒 1.5L

最高出力:85kW(116PS)/6000rpm

最大トルク:148Nm(15.1kgf・m)/4000rpm

このエンジンスペックは、デミオ 15MBに搭載されている無鉛プレミアムガソリン仕様のスペックです。

MTと組み合わされ、モータースポーツ用のエンジンです。

圧縮比は驚異の14を実現しており、高圧縮比によるパワフルな走りと、低燃費が魅力です。

モータースポーツ用のエンジンでありながら、19.2km/Lを実現しています。

アクセラ用 レギュラー仕様

直列エンジン4気筒 1.5L

最高出力:82kW(111PS)/6000rpm

最大トルク:144Nm(14.7kgf・m)/3500rpm

レギュラー化により圧縮比は13.0に低下し、その分スペックが若干低下しました。

それでいてもアクセラには十分なエンジンスペックであり、レギュラー対応による経済性の高さが魅力です。

カタログ燃費も20.4km/Lを記録しており、環境性能の高さも魅力です。

マツダ P5-VPS型エンジンの搭載モデル

次に、P5-VPS型エンジンの搭載モデルを紹介します。

アクセラ

アクセラには、レギュラーガソリンモデルのエンジンが搭載されています。

レギュラー対応による経済性とともに、車両サイズに対して余裕のある排気量のエンジンで、ゆとりの走りを実現しています。

アクセラについては、次の記事をご覧ください。

アクセラの歴代モデル 記事一覧

デミオ

マツダのコンパクトカーである、デミオに搭載されています。

現在はスポ-ツグレードにのみ搭載されています。

デミオについては、次の記事をご覧ください。

デミオの歴代モデル 記事一覧

マツダ P5-VPS型エンジンのまとめ

マツダの直列エンジン4気筒1.5Lエンジンである、P5-VPS型エンジンについて紹介してきました。

動力性能を確保しつつ、環境性能と経済性を両立した、魅力的なエンジンであることがわかりました。

以上が、P5-VPS型エンジンのまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする